レンタルサーバーを選びのコツ

レンタルサーバーの転送量制限

レンタルサーバーを比較をする場合、忘れてしまいがちなのが転送量の制限についてです。

 

これは、有料のレンタルサーバーを使う際には忘れてはならない事です。

 

そもそも転送量というのは何かというと、ホームページ上の動きのことを表します。

 

例えば、リンクをクリックしてページを表示したり、ファイルをダウロードする等の動作のことで、ホームページを運営することと深く関係しています。

 

1時間に100人もの人が閲覧してくれるホームページと、1人しか訪れないホームページでは、100人の方が転送量の負荷が大きいですよね。

 

転送量が大きくなりすぎてしまうと、レンタルサーバーにも大きな負担がかかってしまうのです。

 

その為、ほとんどのレンタルサーバーでは転送量が多くなりすぎた場合に追加料金を払わなければならなくなる事を覚えておきましょう。

 

つまり、多くの人が閲覧したり利用するホームページを作成する予定のひとは、出来るだけ追加料金が発生しないように、レンタルーサーバーの選択を十分考慮する必要があるのです。

 

転送量制限は、月間○GBのように記載されていることが多い様です。

 

これを上回ると、ここから先は○GB○円のといった形で追加料金が発生してしまうのです。

 

まずは自分が選ぼうとしている所の転送量制限と、自分が運営中又は運営する予定のホームページの転送量について調べておくことが大変重要でしょう。

 

基本料金が安いところの中には、転送量が少ないところもたくさんあるので注意が必要です。

レンタルサーバーの転送量制限関連エントリー


Copyright (C) 2010 失敗しないレンタルサーバー選び All Rights Reserved.

レンタルサーバーの転送量制限

レンタルサーバーを選ぶ時のコツや注意事項を紹介しています