レンタルサーバーを選びのコツ

レンタルサーバーで出来る事

レンタルサーバーを選ぶ時のコツや注意事項を紹介しています

レンタルサーバーで出来る事エントリー一覧

商用利用可のレンタルサーバー
レンタルサーバーを利用して、何らかのお金が発生する事をしようと考えている場合は注意しなければならない事があります。レンタルサーバーの多くは、「商用利用不可」と決められている所がたくさんあるのです。特に無料のところを利用しようと思っている場合、半数近くは商用利用不可となっています。この「商用利用不可」がどういうものなのか分かっていない人がたくさん居るようですが、そのレンタルサーバーを利用してホームページを公開した場合に、ホームページのサイト内に広告を貼りつけたり、素材を受注してお金をもらう等の行為...
レンタルサーバーの申し込み
レンタルサーバーを申し込む時にはいくつか注意しておきたい点があります。まず申し込みをする前には細かいところまできちんとチェックしておく事が大切です。例えば、他から独自のドメインを持ってくる場合、根本的にそれが可能なのか、通常の申し込み画面から申し込む方法で良いのか等を確認する必要があります。ドメインの持ち込む際は、通常の申し込みとは違う申し込みページが用意されている事の方が多いので注意しておきましょう。それから、有料のレンタルサーバーに申し込みをする際には、支払い方法もきちんと確認しておきましょ...
レンタルサーバーの乗り換え
レンタルサーバーの乗り換えも、場合によっては検討した方が良い場合もあるでしょう。今使用中のレンタルサーバーよりも評価が高いところを探していたり、料金が安い所に移りたいという時は、今使用中のレンタルサーバーよりも自分が求めている機能やサービスが良いところを探しましょう。特に最初のレンタルサーバーを適当に選んでしまうと、後から不便に感じる事がたくさん出てきてしまうでしょう。まず考えたい事が、現在使用中のドメインを引き継ぐか、新たに取得するのかという事です。ドメインの種類によって、乗り換えるのが有料に...
レンタルサーバーのお試し
レンタルサーバーをどれにするか迷っている人は、無料お試しが利用可能なところから選択すると良いでしょう。レンタルサーバーによって約一週間〜二週間程度、有料登録した時と同じ機能を無料で利用可能なサービスがあります。サービス内容の細かい違いは、実際に使ってみないとわかりづらい所がありますよね。有料サーバーの登録を完了しお金を振り込んだ後で使いづらい点が見つかっても、契約をナシにすることは不可能です。レンタルサーバーにお試し期間がある場合でも、初めから有料登録をする人も多いようですが、出来れば無料から試...
レンタルサーバーで出来ること
レンタルサーバーを利用しなくても、中にはプロバイダーが無料でスペースを提供している所もあります。では、なぜレンタルサーバーが必要なのでしょうか。その一番大きな理由とは、使えるサービスやコンテンツの種類ではないでしょうか。CGI等のスクリプトが利用出来ないという話は珍しくないのですが、独自ドメインも利用出来るところはとても少ないです。また、商用利用ができないところがほとんどなのです。レンタルサーバーで出来ることの代表といえば、ホームページを公開できることです。逆に言うと、ホームページを作りたい場合...
レンタルサーバーでブログ
レンタルサーバーではブログを運用することも可能です。携帯から簡単に更新出来るという事もあり、ブログを作っている人はたくさん居ますよね。自分で好きなブログサービスを探して利用するのも良いのですが、例えばホームページ内で情報更新の為にブログを利用しようと思っている場合などは、レンタルサーバー提供のものを利用すると簡単です。レンタルサーバーの種類によってはホームページのURLと同じく、独自ドメインを使ったブログの開設が可能なところもあります。一般のブログを使うのと、レンタルサーバー提供のブログを使う違...
レンタルサーバーのメール
レンタルサーバーの多くはメール機能を利用することが可能です。よくあるのは、「info@アカウント.ドメイン」とか、「mail@アカウント.ドメイン」といった形です。@の前にどのような物が入るかは、どのレンタルサーバーを使用するかによって異なり、ドメインは数種類〜数十種類の中から選ぶことも可能です。自分が気に入るようなドメインがあるかどうかも、事前に確認しておくと良いでしょう。レンタルサーバーでメール機能を活用しようとしている場合は、どんな機能が利用可能かを調べましょう。例えば、独自ドメインは使え...
レンタルサーバーでショッピングカート
レンタルサーバーでネットショッピングのサイトを作成しようと思ったら、ショッピングカート機能のあるレンタルサーバーを利用すると大変便利です。以前は、注文内容をメールで送信してもらうという方法が一般的でしたが、現在はほとんどのところでショッピングカートが利用されています。ショッピングカートを利用して何が出来るのか特徴を言うと、簡単な商品管理が可能になります。売りたい商品の画像を選び、タイトルや価格を設定するだけで販売している商品が一覧として表示させる事が可能です。支払い方法や発送方法なども事前に登録...